薬家連 Top/アピール宣言/継続G/全国ダルク/家族会/フォーラム/体験談/掲示板/Link

U家族の病気


1 イネイブリング

<依存症者が薬物を使い続けるのを可能にする手助け>
@ 薬物を捨てたり隠したりする     薬物探索行動に、より拍車をかける
                         手に入れようと、必死になる
A 本人に説教をする           恨みにしかならない
B 尻拭いをする              借金などの肩代わりをする
C 脅しに屈する              脅しに1度でも屈すると、何度でも同じことをする
D 実行できない約束をする       本人はタカをくくって、何の効き目もなくなる

2 共依存

<イネイブリングする側とされる側との関係>
人に自分を頼らせることで相手をコントロールしようとする人と、人に頼ることでその人をコントロールしようとする人との間に成立するような嗜癖的二者関係
@ 家族には、依存者本人を治すことはできない
A 家族には、依存者本人をコントロールすることはできない
B 依存者本人を助けることではなく、支えとなることである
C 過去を後悔するのではなく、これからどうするかである
D 恐れではなく、愛情である

関係嗜癖…無意識のうちに自分のエネルギーを、他人のために使ってしまい、自分のことを第一に考えない。
        自分の価値を、他人によって承認される

3 三つの「もしも」

       「もし〜だったら」     →    過去に対する言い訳
       「もし〜ならば」      →    現在に対する言い訳
       「もし〜なったら」     →    未来に対する言い訳
                       ↓
          「今、ここでどうするか」につながらない考え方


 家族の再構築(第1段階から)

  問題解決の最大のキーワードは「家族」です。家族の回復は、本人の回復にとって最も重要な役割を果たします。薬物乱用・依存は、家族の病だからです。

a 薬物乱用・依存者を持つ家族の特徴


1 自分の意見がもてない 人の意見に振り回される
知識のない人に聞いて回る
自分では何も決められない
 
2 認知がゆがみやす 現実をありのままとらえることができない
根拠のない希望にしがみつく
生じている問題を軽く考えたがる
 
3 自信を失いやすい 不安感に振り回される
絶望的になる
自責的になる
 
4 怒りの感情にとらわれやすい    怒りの対象を探して回る



b 本人の心理と家族の心理


◆◆◆本人の心理◆◆◆       ◆◆◆家族の心理◆◆◆
 
■自分に起こっていることを認められない

「いつだってやめられるんだ」
「みんなやってるんだから」
「俺の勝手だろう」
「毎日やっているわけじゃない」
   否  認     
■本人に起こっている問題から目をそらす

「この人(子)に限ってそんなことはない」
「友だちが悪い」
「仕事(学校)に行っているから大丈夫」
「そのうちやめるだろう」
「薬以外は問題はない」
 
 
■いつの間にかやめられなくなってくる

 「うるさいんだよ」
 「お前らが悪いんだ」
 「分かってたまるか」
怒   り  
■色々な問題が生じて家族の中に問題が
生じていることを認めざるを得なくなると、
怒りの感情が生じる

 「こんな子に育てた覚えはない」
 「あなたがしっかりしないから」
 「いいかげんにしなさい」
 
 
■使い続けるために問題行動を取引材料にする

 「車を買ってくれるならやめる」
 「一人暮らしさせてくれ」
 「もう絶対にしないから」
 「そんなに言うならやめてやるよ」
 「ぶっ殺すぞ」
 「もう1回だけでやめるから」
 
取り引き  
■なだめたり、すかしたり、脅したりして、本人を
コントロールしようとする

 「薬さえ止めてくれたら何でも買ってやる」
 「やめないなら家から出て行きなさい」
 「お母さんのためにやめて」
 「これで最後にしてちょうだい」
 「もう1回だけチャンスをやろう」
 「警察にきてもらうぞ」
 
 
■薬なしでは何もできなくなる

 「どうせやめられない」
 「やめてどうなる」
 「おれはダメな奴だ」
 「死んでしまいたい」
 「誰も助けてくれない」
 
落ち込み  
■本人のコントロールがうまく行かず、自責的に
なったり本人を無視したりする

 「私が不甲斐ないからこうなった」
 「どうして私がこんな目に逢うの」
 「もうどうしていいのか分からない」
 「この人(子)を殺して、私も死のう」
 
 
■薬物依存に対して無力を認める

 「薬の力には勝てない」
 「自分の力だけではどうにもならない」
受  容  
■本人のコントロールへの敗北を認めたところから
回復が始まる

 「この人(子)は病気だったんだ」
 「やめたくてもやめられなかったんだ」
 「一番苦しいのはこの人(子)だったんだ」
 「私も病気だったんだ」
 
 
回 復の
レールへ